未来予想図

埼玉県はこれからどう変わっていくのか
再開発事業や関連施設の情報などTOPIXをまとめました

更新日:2018年2月9日



【データ】

埼玉県推計 人口  7,310,632 人
      世帯数 3,069,179 世帯
(平成29年12月1日現在)

人口増加率は沖縄、東京に次いで3番目
平成15年から26年までのGDPの伸び額は愛知県に次いで2番目
企業の流入超過(純増)も927社で日本一

【概要】
埼玉県は首都圏の中心に位置し、多彩な人財や企業が集まるとともに緑豊かな自然環境にも恵まれています。
また、晴れの日が多く災害の少ない県でもあります。

近年では圏央道の県内区間の全線開通や成田空港との接続、北陸新幹線、北海道新幹線の開業などにより広域交通網の整備が進み、交通の要衝としての立地優位性がますます高まりました。

ラグビーワールドカップ2019の会場の一つが熊谷市になったほか、東京2020オリンピック・パラリンピックのバスケットボール・サッカー・ゴルフ・射撃の実施が決まるなど世界的なスポーツイベントが目白押しです。

   
 
   埼玉県地図  
  
下記の県北・圏央道・県南の3つのZONEから選択してください

 県北ZONE  圏央道ZONE  県南ZONE
都心から概ね60㎞以遠の地域


豊かな自然環境があり、古くからの歴史や文化が維持され、祭りや観光名所に恵まれている。

人口:611,472人
面積:1,454.74平方km
(平成27年総務省国勢調査)

都心から概ね30~60㎞の範囲内の地域

これまで鉄道沿線都市を核に人口が増え、圏央道の開通で今後の発展が期待されている。


人口:2,749,743人
面積:1,679.71平方km
(平成27年総務省国勢調査)

都心から概ね10~30㎞の範囲内の地域

都内への利便性が高く、依然人口の増加傾向が続いている。


人口:3,900,056人
面積:663.34平方km
(平成27年総務省国勢調査)

・北部エリア
熊谷市、本庄市、深谷市、美里町、神川町、上里町、寄居町
・県央エリア
鴻巣市、上尾市、桶川市、北本市、伊奈町
・南部エリア
川口市、蕨市、戸田市
・秩父エリア
秩父市、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町
・川越比企エリア
川越市、東松山市、坂戸市、鶴ヶ島市、毛呂山町、越生町、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町、東秩父村
・南西部エリア
朝霞市、志木市、和光市、新座市、富士見市、ふじみ野市、三芳町
埼玉 ・西部エリア
所沢市、飯能市、狭山市、入間市、日高市
・東部エリア
春日部市、草加市、越谷市、八潮市、三郷市、吉川市、松伏町
・利根エリア
行田市、加須市、羽生市、久喜市、蓮田市、幸手市、白岡市、宮代町、杉戸町
・さいたまエリア
さいたま市